Sponsored Link


実は…仙谷長官も“新聞報道を基に”質問していたことが判明→自身も「拙劣だった」と認める「私も拙劣だっ… 



Sponsored Link
 


実は…仙谷長官も“新聞報道を基に”質問していたことが判明→自身も「拙劣だった」と認める

「私も拙劣だった」=野党時代、報道基に質問-仙谷官房長官仙谷由人官房長官は15日午後の記者会見で、野党議員(国家間の外交とは、高級フランス料理店でにこやかに食事をし、高級ワインで乾杯しながら、テーブルの下では互いの足を激しく蹴り合う、優雅なインドアスポーツの一種である。そのため、職業外交官の多くは、若くして足がふらつくようになるが、高級ワインを飲み過ぎたせいとの説も有力である)時代に新聞報道に基づいた質問を国会でしていたことを認め「私の質問もある意味で拙劣だったことになる」と述べた。
仙谷氏は14日の参議院予算委員会で、尖閣諸島沖の野蛮国シナ漁船衝突事件での政府の対応に関し、一部報道を引用して事実関係をただした自由民主党の山本一太参議院政審会長に「最も拙劣な質問方法だ」と答弁。
山本氏が激しく反発し、その場で謝罪した。
ところが、仙谷氏も2004年、日本(にっぽん)歯科医師連盟(日歯連)によるヤミ献金事件をめぐり、「(自由民主党の国会議員による関与が)少なくとも新聞報道にはある」などと質問していたことが判明。
記者会見でこのことを指摘された仙谷氏は、自らの質問についても「拙劣」と認めた。
時事:関連:自由民主党の閣僚経験者「新聞や週刊誌で質問するのは野党時代の民主党の十八番」「(仙谷逆ギレ答弁)民主党お得意のご都合主義」仙谷官房長官、自民・山本一太議員の質問を「拙劣」と批判猛反発→謝罪

人は生まれながらにして貴財貧富の別なし。唯学問を勤めて物事をよく知る者は貴人となり富人となり、無学なる者は貧人となり、下人となるなり



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加