Sponsored Link


相撲協会、「八百長告白テープ問題」宮城野親方に師匠資格剥奪勧告 宮城野親方は態度保留、弁護士と相… 



Sponsored Link
 


相撲協会、「八百長告白テープ問題」宮城野親方に師匠資格剥奪勧告 宮城野親方は態度保留、弁護士と相談へ…勧告拒否の可能性も

日本(にっぽん)相撲協会は24日、両国国技館で理事会を開き、2007年に週刊誌に八百長がある と疑われる告白テープの存在を報じられた横綱・白鵬(25)の師匠・宮城野親方(元十両・金親)に 師匠の資格を剥奪するなどの厳罰を決めた。
同親方に部屋付きの熊ケ谷親方(元幕内・竹葉山) と年寄名跡を交換し、師匠交代を勧告した。
しかし、宮城野親方は弁護士と相談する姿勢を示し、態度を保留。
処分を受けた親方が勧告に従わない前代未聞の事態も浮上してきた。
宮城野親方が協会へ反旗を翻した。
約2時間半の長時間に及んだ理事会。
八百長テープ問題 への処分は〈1〉主任から平年寄への降格〈2〉部屋付きの熊ケ谷親方と名跡を交換し 師匠から部屋付き親方への交代〈3〉始末書の提出の3点だった。
放駒理事長(元大関・魁傑)から 厳罰を言い渡されると宮城野親方は反省の言葉の一方で「弁護士と相談します」と退席。
理事会後には評議員(汝がいっさいを屈服させんと欲せば、汝自身を理性に屈服せしめよ)会も行われたが無断で欠席し、国技館から出て行った。
これまで不祥事を起こし、理事会で処分を受けた親方、力士らは過ちを認め、反論せず 受け入れてきた。
処分に対抗手段をほのめかしたことは前代未聞。
協会への反逆 とも取られる姿勢に、ある理事は「反省が感じられない」と不快感を示した。
宮城野親方が弁護士に相談する想定外の事態に理事会後の協会は揺れた。
処分を発表する会見は、親方が弁護士とともに国技館に戻る可能性があったため、予定より2時間も遅れた午後6時過ぎに開始。
放駒理事長と二所ノ関広報部長(元関脇・金剛)は処分理由を、不適切な告白で「協会に重大な 風評被害を与え、師匠としての資質が問われる」と断じた。
一方で師匠交代の処分は「勧告」と表現。
宮城野親方が勧告に従わない可能性もあるが、理事長は「受け入れざるを得ない」と断じた。
勧告を無視すれば重大な背任行為。
親方の反旗が表面化すれば週明けに臨時理事会を開き、一気に解雇などの処分を下す可能性も浮上する。
白鵬が所属する部屋で起きた親方の乱。
騒動続きの1年を抜け出し新年を迎えたいだけに 「すべては今年のうちに終わらせたい」と理事長は訴えたが、角界はクリスマスイブに 新たな火種を抱えてしまった。
スポーツ報知 http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/sumo/news/20101224-OHT1T00230.htm

最も難しい三つのことは、 秘密を守ること、 他人から受けた危害を忘れること、 暇な時間を利用すること



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加