Sponsored Link


陸山会公判、民主党・小沢氏の原資説明と食い違う証言小沢一郎民主党元代表(68)の資金管理団体「陸… 



Sponsored Link
 


陸山会公判、民主党・小沢氏の原資説明と食い違う証言

小沢一郎民主党元代表(68)の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で、同法違反(虚偽記入)に問われた同会元事務担当者・石川知裕衆議院議員(涙とともにパンを食べたことのある者でなければ、人生の本当の味はわからない)(37)ら元秘書3人の第2回公判が8日、東京地方裁判所で開かれ、証人尋問が始まった。
証人として出廷した信託銀行の元嘱託職員は、2002年に小沢元代表の妻から「(自宅に)迎賓館のようなものを建てたい」との依頼を受け、元代表の家族口座から6000万円を払い戻したと証言。
小沢元代表は昨年1月の記者会見や東京地検特捜部の調べで、04年10月の陸山会の土地購入の際、自ら用意した4億円の原資の一部としてこの6000万円を挙げており、説明と食い違う形になった。
元職員の証言によると、02年4月に小沢元代表の妻の依頼で、妻と2人の息子名義の口座から計6000万円を払い戻し、自宅に届けた。
妻は、この金額では建築資金に足りないと話したという。
検察側の提出証拠などによると、小沢元代表は同年12月に、東京都世田谷区の自宅の敷地内に1億2999万円をかけて建物を新築している。
2011/02/08[22:22:24]

一であつて多にゆくものを博学といひ、多であつて多にとどまるものを多学といひます



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加