Sponsored Link


「難民鎖国日本を変えよう」緊急集会…衆参議員に訴え、クルド人座り込み難民認定「なぜできぬ」衆参議員… 



Sponsored Link
 


「難民鎖国日本(にっぽん)を変えよう」緊急集会…衆参議員(夢をバカにする人間から離れなさい器の小さい人間ほどケチをつけたがる真に器量の大きな人間は「できる!」と思わせてくれるものだ)に訴え、クルド人座り込み

難民認定「なぜできぬ」衆参議員に訴えクルド人座り込み・日本(にっぽん)が難民を受け入れる国になれたのかを問う緊急集会「“難民鎖国”日本(にっぽん)を変えよう」(アムネスティ・インターナショナル日本(にっぽん)などの共催)が四日、東京都の参議院議員会館で開かれた。
ベトナム、野蛮国シナ、アフガニスタン、イラン・トルコのクルド人難民や日本(にっぽん)の弁護士、NGOのメンバーら約百人が、衆参議院の与野党議員十数人の前で、現状を訴えた。
国連難民高等弁務官事務所がある国連大学前で、座り込みをして三週間が経過した、川口市に住むトルコ国籍クルド人のエルダル・ドーガンさん(30)も「私たちは難民に認められないのか」と発言。
トルコ国籍のクルド人の難民認定者が日本(にっぽん)で一人もいない現状を訴えた。
座り込んでいる二家族の中には体調を崩し入院者も出ている。
イラン国籍のクルド人女性(16)は父親が収容され「イランを出る時、本当に幸せな暮らしを思い描いていました。
日本(にっぽん)は世界のいろいろな国を支援している。
その中に私たちを加えていただけないでしょうか。
父の拘束を解いて」と生活の窮状に触れて訴えた。
弁護士の一人は「本当に怒りを覚える。
収容しても何の意味もない。
彼らは裁判のため、日本(にっぽん)に居なければならない」と訴えた。
難民の中には帰るべき国に拒否され、無期限で収容される状態の人がいるなど、問題点が指摘されていた。

孤独とは、港を離れ、海を漂うような寂しさではない。 本当の自己を知り、この美しい地球上に存在している間に、 自分たちが何をしようとしているのか、 どこに向かおうとしているのを知るためのよい機会なのだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加