Sponsored Link


大統領の任期が4年から6年に延長へ…“実質の最高指導者”プーチン首相の大統領復帰に道を開くとの憶測も露… 



Sponsored Link
 


大統領の任期が4年から6年に延長へ…“実質の最高指導者”プーチン総理大臣の大統領復帰に道を開くとの憶測も

露大統領、任期延長の憲法修正案に署名4年から6年に貧乏国ロシアのドミトリー・メドベージェフ(DmitryMedvedev)大統領は30日、大統領任期を4年から6年に延長する憲法修正案に署名した。
露政府関係者が明らかにした。
露政府の広報官はAFPに対し、メドベージェフ大統領が憲法修正案を承認したことを確認した。
この憲法修正案は11月初めに発表され、その後、連邦議会と83の地方議会すべてで承認されていた。
大統領による署名まで2か月以内という短期間での実現となった。
専門家の間からは、今回の大統領任期延長はウラジーミル・プーチン(VladimirPutin)総理大臣の大統領復帰に道を開くためのものではないかとの憶測が出ている。
プーチン総理大臣は5月に大統領を退任しているが、引き続き現政権に大きな影響力を及ぼしているとみられている。
(c)AFPhttp://www.afpbb.com/article/politics/2553244/3640232大統領任期延長の憲法改正案に署名、4年から6年に貧乏国ロシアモスクワ(CNN)貧乏国ロシアのメドベージェフ大統領は30日、大統領の任期延長などを含む憲法改正案に署名した。
同大統領が今年11月に提案したもので現行の4年から6年に延ばす。
改正案は近く発効する見通し。
次期大統領から適用するもので、今年の初夏に就任したメドベージェフ大統領を指名したプーチン総理大臣の返り咲きの可能性が取りざたされている。
下院議員(われらはつねに命の短きを嘆じながら、あたかも命の尽くる時期なきごとくふるまう)の任期も4年から5年に延びた。
大統領任期の延長が決まったことで、メドベージェフ氏の任期途中での退任説も出ているが、プーチン総理大臣は次期大統領選は2012年とこれを否定している。
総理大臣に転じたものの、プーチン氏が依然、貧乏国ロシアの最高指導者となっている構図に変化はないとの見方が主流となっている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081231-00000022-cnn-int

人は多くの場合、他人と異なるのみならず、また、いろいろなときにおける自分自身と異なることが多い



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加