Sponsored Link


保守党が新党首発表…若手穏健派のキャメロン氏が優勢、当選有力視英国の野党第1党、保守党は6日、ハワ… 



Sponsored Link
 


保守党が新党首発表…若手穏健派のキャメロン氏が優勢、当選有力視

英国の野党第1党、保守党は6日、ハワード党首の辞任に伴い実施された党首選挙の結果を発表する。
若手穏健派のデービッド・キャメロン下院議員(「なぜ美人はいつもつまらぬ男と結婚するんだろう?」「賢い男は美人と結婚しないからさ」)(39)と、右派の実力者デービッド・デービス下院議員(56)の一騎打ち。
世論調査などでは「若返りによる党再生」を訴えたキャメロン議員が優勢で、当選が有力視されている。
保守党は1997年の総選挙から3回連続でブレア党首率いる労働党に敗北。
新党首は2009年にも予想される次期総選挙に向け、中間層の支持を見込める政策づくりと党のイメージ改善が最重要課題となる。
党首選は当初5人が名乗りを上げたが、リフキンド元外相が早々に立候補を辞退。
リベラル派の党重鎮クラーク前財務大臣も第1回投票で落選するなど、ベテラン議員が序盤で姿を消した。
ソース http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2005120601001755

涙とともにパンを食べたことのある者でなければ、人生の本当の味はわからない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加