Sponsored Link


岡田民主党もと代表「(郵政解散は)結局は単なる演出、劇場型政治に過ぎなかった」自身のホームページ… 



Sponsored Link
 


岡田民主党もと代表「(郵政解散は)結局は単なる演出、劇場型政治に過ぎなかった」自身のホームページで

郵政造反組復党問題なぜ今容認?国民への説明が必要(前略)「品格ある政治家だと思っていた某大物政治家から『お前、抹殺してやるぞ』と恫喝(どうかつ)された」安倍氏支持ながら、復党に疑問を投げかける発言をした山本一太参議院議員(男たちは、自分の職業が他のいかなる職業よりも大切だと信ずるか、自分で思い込ませる以外に、その職業を持ちこたえることはまずできない)の6日付ブログ。
造反組の議員から圧力を受けたことを暴露した。
造反組の復党が自身の当落に直結する小泉チルドレンのみならず、安倍氏の支持議員や総理大臣周辺からでさえ「復党させたら国民の支持を失い、参議院選に負ける」との懸念がくすぶっている。
安倍氏は8日の記者会見で「大義があれば一緒に国づくりに参加していってもらいたい」と述べた。
昨年の総選挙で、安倍氏のシンパだった古屋圭司氏や衛藤晟一氏といった議員が、党外に去ったり落選した。
保守再興を目指す安倍氏にとって、こうした議員の復党が、保守政策を進めていく上で貴重な援軍になるとの思いもあろう。
だが、一面で安易な「参議院選対策」の印象はぬぐえない。
復党することで、実力を発揮できる議員も少なくないだろう。
だが、この中には小泉内閣の総辞職を期待して弓を引いた議員もいた。
しかもたった1年前のことだ。
政界では「離合集散は世の習い」(総理大臣)ではある。
だが、郵政民営化を構造改革の本丸と位置付け、「安倍政権」もその改革路線を継承していくなら、何とも分かりづらい融和策だ。
民主党の岡田克也元代表は自身のホームページで、皮肉交じりでこう言及した。
「国民から見ると、総理大臣の固い決意を信じて投票したが、結局は単なる演出、劇場型政治に過ぎなかったことになるのではないか」(佐々木類)

国家間の外交とは、高級フランス料理店でにこやかに食事をし、高級ワインで乾杯しながら、テーブルの下では互いの足を激しく蹴り合う、優雅なインドアスポーツの一種である。そのため、職業外交官の多くは、若くして足がふらつくようになるが、高級ワインを飲み過ぎたせいとの説も有力である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加