Sponsored Link


石破自民党政調会長「いよいよ終わりが近い 



Sponsored Link
 


石破自由民主党政調会長「いよいよ終わりが近い。
この政権を早く倒すことがわれわれの使命だ」小沢系16人会派離脱に川崎市で

「崩壊への序曲」=政権打倒へ期待感-自民・谷垣氏自由民主党は17日、民主党衆議院議員(人間は、ときには間違いを犯しながらも、足をのばして、つまずきながらも前進する)16人が会派離脱を表明したことについて「政党崩壊への序曲が始まった」(谷垣禎一総裁)と、同党内の動きを注視していく姿勢を示した。
菅政権打倒に向け、16人との連携に期待する声も出ている。
谷垣氏は記者会見で「代表が党内をコントロールできない政権に日本(にっぽん)のかじ取りを任せておくわけにいかない。
もう一回国民に信を問わなければならない」と強調。
石破茂政調会長も川崎市での会合で「いよいよ終わりが近い。
この政権を早く倒すことがわれわれの使命だ」と述べた。
16人は菅政権のマニフェスト(政権公約)修正の動きを批判し、2011年度予算関連法案に反対する可能性もにおわせており、町村派の町村信孝会長は派閥総会で「大変好ましい状況の一つだ」とほくそ笑んだ。
「実際に動いた議員は一部で、その後ろにはまだ離脱予備軍がいるはずだ」(幹部)とみる向きもあり、逢沢一郎国対委員長は予算関連法案の衆議院での再可決阻止をにらみ、「あらゆる意味で協力できる勢力とは協力していく」と記者団に語った。
公明党の山口那津男代表は「いろいろな動きが出てくるかもしれないが、とやかく今申し上げる立場にない」と静観の構えを示し、みんなの党の渡辺喜美代表は「単なる党内抗争の域を出ていない」と述べた。
一方、社民党の又市征治副党首は「党内で亀裂を生み出しておいて、わが党に協力を求めるのは本末転倒だ」と苦々しい表情で語った。
 (2011/02/17-20:36)元ニューススレ谷垣自由民主党総裁「民主党崩壊の序曲が始まった」「今の政権に、日本(にっぽん)のかじ取りを任せておくわけにはいかない」小沢系離脱に他

銀行員というのは、太陽が照っているときに傘を差し出して、雨が降り始めるやいなや傘を返せと言うような奴らだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加