Sponsored Link


参院可決ラインをクリア田浦氏も郵政賛成に転換中曽根氏は”法案の内容を見てから”参院可決ラインをクリ… 



Sponsored Link
 


参議院可決ラインをクリア田浦氏も郵政賛成に転換中曽根氏は”法案の内容を見てから”

参議院可決ラインをクリア田浦氏も郵政賛成に転換衆議院選圧勝を受け、先の国会で郵政民営化関連法案に反対した自由民主党参議院議員(なりたかった自分になるために遅すぎるなんてことはない)が賛成に転じ、可決ラインを超えることが12日確実になった。
旧堀内派の田浦直参議院議員は、共同通信の取材に「選挙結果を十分尊重する。
国民の意向は大事にしなければならない」と述べた。
これにより、反対票を投じる可能性のある議員は「否決ライン」の17人を割り込んだ。
青木幹雄参議院議員会長らも法案成立に自信を深めており、幹部の一人は「(法案成立に)必要な人数は足りている」と言明した。
12日までの共同通信の取材では、自由民主党を離党した2人を除く参議院造反組28人(反対20人、欠席・棄権8人)のうち、12人が賛成に回る意向を表明。
参議院旧亀井派でも、秋元司氏が「民意を(投票行動に)反映させる」と述べた。
ただ、会長の中曽根弘文元文相らは「法案の内容を見ないと何とも言えない」としている。

なんだ、あれが僕たちの探している青い鳥なんだ。 僕達はずいぶん遠くまで探しに行ったけど、本当はいつもここにいたんだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加