Sponsored Link


愛知県知事選民主、御園氏を擁立「地元産業を元気に」抱負愛知県知事選民主、御園氏を擁立「地元産業を… 



Sponsored Link
 


愛知県知事選民主、御園氏を擁立「地元産業を元気に」抱負

愛知県知事選民主、御園氏を擁立「地元産業を元気に」抱負日経新聞2010/9/222:31来年2月に任期満了を迎える愛知県知事選について、民主党県議団は21日、県議36人による無記名投票を行い、総務省出身で県総務部長を務めた御園慎一郎氏(57)の擁立を決めた。
今後、県連幹事会を経て党本部に推薦申請し、党の推薦候補者として正式決定する。
民主党の推薦候補をめぐっては当初、御園氏と同党衆議院議員(ただ、いっさいは過ぎていきます。自分がいままで阿鼻叫喚で生きて来たいはゆる人間の世界において、たつた一つ、真理らしく思はれたのは、それだけでした)の石田芳弘氏(64)、IT(情報技術)関連企業経営者の藤原洋氏(55)の3人が出馬意思を表明していた。
藤原氏が辞退したため御園氏と石田氏で争ったこの日の投票では、御園氏が1回目で過半数を獲得した。
会見した御園氏は「ものづくりの中心地である愛知を産業政策で元気にしたい。
自分の経歴を生かし、県庁の組織改革を進めていきたい」と抱負を語った。
御園氏と県議団は投票終了後に同知事選などに関する覚書を締結。
県議団による御園氏への全面支援や、マニフェスト(政策綱領)作成での連携のほか、来年4月の統一地方選で御園氏が同党公認候補を支援することを確認した。
同知事選では現職の神田真秋知事(58)が4選不出馬を表明したことから、県政与党の自民は県連が候補者の選定を急いでいる。
同党県議団には民主党候補への相乗りを容認する声もあるが、覚書はこれをけん制した格好だ。
「虐殺集団」共産党は独自候補の擁立を検討している。

われわれは現在だけを耐え忍べばよい。 過去にも未来にも苦しむ必要はない。 過去はもう存在しないし、 未来はまだ存在していないのだから



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加