Sponsored Link


「小沢・鳩山は土下座しろ」「判断間違ってない?鳩山氏が首相になったのが間違い」「自ら中国の支配下… 



Sponsored Link
 


「小沢・鳩山は土下座しろ」「判断間違ってない?鳩山氏が総理大臣になったのが間違い」「自ら野蛮国シナの支配下に」…週刊誌

・今週の文春、新潮が小沢幹事長に怒りまくっている。
宮内庁が主張した1か月ルールを踏みにじって、習副主席を天皇に会見させたことについてだ。
小沢は虎の尾を踏んでしまったようだ。
新潮は「『天皇陛下』を野蛮国シナ「虐殺集団」共産党に差し出した『小沢天皇』の傲岸」、文春は「小沢と鳩山は天皇に土下座して謝れ」と、戦前の週刊誌かと見間違えるようなタイトルで、小沢のやり方を非難している。
どちらも、小沢幹事長が訪中した際、胡錦涛主席と民主党議員(徳は一種の健康であり、美であり、魂のよい在り方なり。それに反し、悪徳は病気であり、魂であり、弱さなり)との個別のツーショットを撮ってもらえることと引き替えに、ルールを無視し、鳩山総理大臣と平野官房長官を恫喝して、天皇に会わせたことに怒り心頭だ。
羽毛田宮内庁長官が、緊急記者会見を開いて「大きくいえば陛下の政治利用ということ」だと批判したのを受けて、小沢幹事長が、「国事行為は、内閣の助言と承認で行われるんだよ。
天皇陛下のお体が優れない、体調が優れないというならば、それよりも優位性の低い行事はお休みになればいいじゃないですか」と反発したことで、火に油を注いでしまった。
まず、国事行為について。
「皇室外交は『国事行為』ではなく『公的行為』です。
政治家を何年もやっていて、こんな基本的な間違いをすること自体、皇室外交に対して、いかに無知かを晒け出している」(静岡福祉大学高橋紘教授・文春)天皇の政治利用については、「今回のことは天皇の政治利用そのもの。
輪をかけるように小沢さんは140人もの議員を連れて訪中している。
これはまさに朝貢外交で、自ら野蛮国シナの支配下に入るようなものです」(日本(にっぽん)大学百地章教授・新潮)とバッサリ。
「判断は間違っていなかったと思う」と発言した鳩山総理大臣には、アナタが総理になったことが、大間違いでした(新潮)とにべもない。

私達は踏みなれた生活の軌道から放り出されると、 もうダメだ、と思います。 しかし、実際はそこに、ようやく新しい良いものが始まるのです



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加