Sponsored Link


「やだ、やだ、やだ、やだ!」辻元清美氏、副大臣就任を駄々っ子のように拒む頑固に「護憲」を掲げる社… 



Sponsored Link
 


「やだ、やだ、やだ、やだ!」辻元清美氏、副大臣就任を駄々っ子のように拒む

頑固に「護憲」を掲げる社民党が、鳩山由紀夫総理大臣が率いる連立政権でさっそく足をひっぱり始めた。
社民党きっての論客である辻元清美衆議院議員(やさしく寛大な心もて汝らの怒りに打ち勝て、謙譲もて憎心を抑えよ。一路の真実もて、曲れる欺瞞を押しとめよ。心なごやかなる満足もて、貧欲を打ち消せ)の国土交通副大臣起用をめぐっても大混乱。
組閣翌日に副大臣辞任というハプニングが起きる寸前だった。
社民党は衆参12人の小所帯だが、外交・安保政策だけでなく、政権運営面の「火種」となりかねないドタバタぶりに、民主党からは「付き合いきれない」(党幹部)とため息が漏れている。
(原川貴郎)18日午後、国会内の社民党控室で、辻元氏は国交副大臣就任を駄々っ子のように拒み続けた。
辻元氏「やだ、やだ、やだ、やだ!」阿部知子政審会長「そんなのダメ。
やりなさい!」辻元氏「(福島瑞穂)党首が閣議で署名しちゃってるんですよ。
もうどうしてくれるんですか、幹事長!」混乱は17日夜に始まった。
前原誠司国交相から電話で副大臣就任の要請を受けた辻元氏は、社民党国対委員長であることを理由に断り、対応を重野安正幹事長に一任した。
これを受け、重野氏は党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相氏と協議しようとしたが、電話がつながらず、福島氏は18日午前の閣議で、辻元氏の名前が掲載された副大臣名簿に署名してしまった。

涙とともにパンを食べたことのある者でなければ、人生の本当の味はわからない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加