Sponsored Link


自民の国会質問は「名誉棄損モノだ」仙谷官房長官が激怒「名誉棄損の告訴状が3本も4本も出ざるをえな… 



Sponsored Link
 


自民の国会質問は「名誉棄損モノだ」仙谷官房長官が激怒

「名誉棄損の告訴状が3本も4本も出ざるをえないような議論は、いかがなものか」仙谷由人官房長官は16日夜の記者会見で、自由民主党議員(世間一般の考えに従って生活することはごく易しい。 また、自分の事だけ考えて孤独の生活を送る事もごく易しい。 だが悟りを開いた人間とは、群集の真っ只中にありながらも、 自立の醍醐味を心ゆくまで味わうことのできる人間である)の国会質問を批判した。
仙谷氏は会見で、記者から「政治とカネの問題で政府・与党に反省点はなかったか」と聞かれ、自らの反省を語る代わりに「アッパーハウス(参議院)の方」の質問を、やり玉に挙げた。
15日の参議院本会議で「鳩山由紀夫前総理大臣を脱税容疑で国税庁に調査させるべきだ」などと主張した西田昌司参議院議員が念頭にあるとみられる。
仙谷氏は、「(持ち時間の)30分すべてを政治とカネ、罵詈(ばり)雑言を投げつける質問をした」「フェアではない。
結論として、その方や党派への国民の支持が減っていく」と怒りが収まらない様子だった。
自民の国会質問は「名誉棄損モノ」仙谷官房長官が批判2010年6月17日0時56分

人の大望を鼻であしらう人間とはつき合わぬことだ。それが小人の常だから。しかし真の大人物に会うと、すばらしいことに、こちらも大人物になれそうな気持にしてくれる



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加