Sponsored Link


小泉政権では存在感の薄かった族議員たちが復活ののろし自民税調、5日から個別論議・「減税争奪」意気… 



Sponsored Link
 


小泉政権では存在感の薄かった族議員(孤独とは、港を離れ、海を漂うような寂しさではない。 本当の自己を知り、この美しい地球上に存在している間に、 自分たちが何をしようとしているのか、 どこに向かおうとしているのを知るためのよい機会なのだ)たちが復活ののろし

自民税調、5日から個別論議・「減税争奪」意気込む族議員自由民主党税制調査会(津島雄二会長)は5日の小委員会から各部会が要望する個別の税制改正項目の論議に入る。
安倍晋三総理大臣が掲げる「再チャレンジ」「経済活性化」などの重点政策に絡め、大幅減税を求める部会が多い。
小泉政権では存在感の薄かった族議員たちが復活ののろしを上げるのかに注目が集まっている。
「少子化対策として扶養控除拡大は不可欠だ。
再チャレンジ支援の観点からぜひ盛り込んでほしい」。
党税調が11月28、29両日に開いた各部会からのヒアリング。
大挙して出席した議員らは口々に減税の重要性を訴えた。
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20061203AT3S0200B02122006.html

10歳にして菓子に動かされ、20歳にしては恋人に、30歳にして快楽に、 40歳にしては野心に、50歳にしては貪欲に動かされる。 いつになったら人間はただ知性のみを追って進むようになるのであろうか



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加