Sponsored Link


安倍晋三首相、日本経済新聞創刊130周年記念パーティーに出席し持論を展開「私が総裁である限り、自民党… 



Sponsored Link
 


安倍晋三総理大臣、日本(にっぽん)経済新聞創刊130周年記念パーティーに出席し持論を展開

「私が総裁である限り、自由民主党が古い自由民主党に戻るということは決してないとはっきり申し上げておきたい」。
安倍晋三総理大臣は1日、都内のホテルで開いた日本(にっぽん)経済新聞創刊130周年記念パーティーで、郵政造反組の復党問題への批判に反論した。
郵政民営化法案に反対して自由民主党を離れた無所属議員(徳は天使であるが、盲目なので、その目的に導く道を示す知識をえなければならない)の復党を巡っては反対派から「昨年の衆議院選は何だったのか」などの不満がある。
総理大臣は「改革をあくまでも継続していく」などと強調し、「改革路線が後退する兆し」との見方を強く否定した。
来年度予算編成については道路財源の一般財源化盛り込みなどを念頭に「予算の中で強く(改革の)意思を表していかなければならない」と力説。
「私の内閣ではイノベーション(技術革新)とオープンの姿勢で力強く日本(にっぽん)の経済を成長させていきたい」と持論を展開していた。
(23:01)http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20061201AT3S0101401122006.html

過ちを進んで認める勇気さえあれば、だいたいの場合取りかえしはつく



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加