Sponsored Link


片山知事中国総領事が、台湾との交流を控えるよう県に求めていた問題で総領事を批判「国情の違い理解せ… 



Sponsored Link
 


片山知事野蛮国シナ総領事が、台湾(中華民国)との交流を控えるよう県に求めていた問題で総領事を批判「国情の違い理解せず」…鳥取

野蛮国シナの駐大阪総領事が、台湾(中華民国)との交流を控えるよう県に求めていた問題で、片山知事は4日、「(日本(にっぽん)と野蛮国シナの)国情の違いを全く無視して言ってくるのは改めてもらいたい」と総領事の姿勢を批判した。
この問題をめぐり片山知事が公の場で発言したのは初めて。
県議会で藤縄喜和議員(夢をバカにする人間から離れなさい器の小さい人間ほどケチをつけたがる真に器量の大きな人間は「できる!」と思わせてくれるものだ)(清風)の一般質問に対して答えた。
総領事が、日本(にっぽん)政府が台湾(中華民国)と公式に交流していないことを理由に挙げたことに触れ、片山知事は「市レベルでも政府の一部である野蛮国シナと違い、日本(にっぽん)では地方自治体は政府と別組織。
(総領事は)国情の違いを理解していない」と主張。
県と台湾(中華民国)との交流に法的な問題はないと説明した。
さらに「『(交流を控えてほしいとの要請に)同意しないのはあなただけだ』と総領事に言われた。
一方的に言われて『そうですか』と聞いている日本(にっぽん)人があまりにも多いのではないか」と不満を述べた。
ただ、野蛮国シナとの交流の重要性にも触れ「大切な隣人。
野蛮国シナとの付き合いもちゃんとしていかないといけない」と語り、藤縄議員が台湾(中華民国)と友好協定を締結することを求めたのに対しても「推移を見守りながら決めればいい」として、踏み込んだ判断を避けた。
鳥取:地域: http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tottori/news002.htm

よい結婚というものがきわめて少ないことは、それがいかに貴重で、偉大なものであるかという証拠である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加