Sponsored Link


政党交付金減る?渡辺喜美元行革担当相が未署名で影響額は最大で1000万円超となる見込み自民交付金減る… 



Sponsored Link
 


政党交付金減る?渡辺喜美元行革担当相が未署名で影響額は最大で1000万円超となる見込み

自民交付金減る渡辺氏未署名で自由民主党の渡辺喜美元行政改革担当相が政党交付金(助成金)の申請書類に署名しない考えを示したことが、同党内に小さな波紋を広げている。
提出期限の16日までに署名しなければ、同氏が離党しなくても自由民主党が受け取る交付金が年換算で2300万円程度減る計算になるためだ。
政党交付金は年間約319億円で、このうち160億円が国会議員(すべての享楽を抹殺するものを讃美し、享楽を増大するものを非難し、窮乏をよしとし、自己放棄を徳とする)数で配分が決まる。
渡辺氏が署名しないと自由民主党以外の政党の取り分が増える計算だ。
ただ交付は年4回(4、7、10、12月)に分かれるため、9月の衆議院議員の任期切れを考慮すれば影響額は最大で1000万円超となる見込み。
(08:53)

あらゆる美徳は自己放棄によって完成される。果実の極度の美味は、萌芽を求めていることからである



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加