Sponsored Link


風俗ライター&ヌードの田中美絵子氏、民主の身体検査すり抜け…民主議員「いいじゃない 



Sponsored Link
 


風俗ライター&ヌードの田中美絵子氏、民主の身体検査すり抜け…民主議員(この世の中に人間ほど凶悪な動物はいない。狼は共喰いをしないが、人間は人間を生きながらにして丸呑みする)「いいじゃない。
犯罪じゃないし」と楽観

・コスプレ姿で風俗ライター、映画ではヌード公開…。
バラエティー豊かな過去が、次々と明らかになった民主党の田中美絵子衆議院議員(33)。
党から受けた“身体検査”ではこれらの経歴を申告していなかったことが9日、分かった。
関係者は「“バイト”の中身までは分からなかった」と話している。
「映像がないかネットで調べちゃいました」とはある議員秘書。
「政界の井上和香」のお宝映像で話題は持ちきりとなっている。
セクシーながらピュアなイメージがあった田中氏。
民主党内でも、戸惑いを隠せない様子だ。
田中氏に近い地元関係者は「我々も聞いて、え~!と思っている。
もし分かっていたら、応援しづらかったと思う。
でも、バイトの内容まではなかなか追えない。
本人が言ってくれなくちゃ…」と話す。
「風俗ライター」だったことは本人も認めているが、そうした田中氏の過去は、党内で全く知られていなかった。
候補者の選定段階で確認するのは学歴や職歴など。
自己申告がない限り、バイトの中身までチェックするのは困難だという。
また、映画には「菊地美絵子」のクレジットがあるが、複数の関係者によると「菊地」は田中氏の離婚前の姓であることが判明。
どうやら映画には本名で出演していたようだ。
田中氏の事務所では映画出演に関してコメントを控えており、本人も関係者からの電話に出ない状態が続いている。
一方、ある民主党関係者は「話を聞くのは難しいだろう」と話す。
「小沢ガールズ」らに対し厳しい“かん口令”が出されているというのだ。
この関係者は「小沢代表代行か、その周辺から新人議員に対して『くだらない取材は絶対に受けるな』という指示が出ているようだ」と話す。
ただ、一部では田中氏について楽観論も出ている。
ある民主党参議院議員は「別に犯罪を犯したわけでもないし」。
別の民主党関係者は「誰かに迷惑をかけたり、訴えられたわけでもない。
姫井由美子氏の場合と比べ、10分の1の話だ」としながらも、「ほかの新人にもっと悪い話がある。
それが本当に心配です」と話しているが…。
(抜粋)

男が本当に好きなものは「危険と遊び」である。男は女を愛するが、それは遊びのなかで最も危険なものだからだ。男は判断力の欠如によって結婚する。そして忍耐力の欠如によって離婚し、記憶力の欠如によって再婚する。ああ、これこそが男の中の男だ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加