Sponsored Link


保護観察中の行動制限厳しく、自民議連が法改正案東京都足立区の少女監禁事件で保護観察付き執行猶予者… 



Sponsored Link
 


保護観察中の行動制限厳しく、自民議連が法改正案

東京都足立区の少女監禁事件で保護観察付き執行猶予者の問題が浮上していることを受け、自由民主党の「更生保護を考える若手議員(時を短くするのはなにか。活動。時を堪えがたく永くするのは何か。安逸)の会」(会長・田中和徳衆議院議員)は1日、転居や旅行を保護観察所長の許可制にすることなどを柱とする執行猶予者保護観察法改正案をまとめた。
与党内の手続きを経た上で議員立法で今国会に提出し、成立を目指す方針だ。
改正案では、順守事項として現在届け出制となっている転居や1か月以上の旅行を保護観察所長の許可制とし、対象となる旅行も「1週間以上」に拡大する。
また、保護観察中に守るべき「特別順守事項」を決めることを義務付ける規定を新設。
担当保護司との面会など、対象者個別の順守事項を決めることができるようにして、執行猶予取り消しの条件を厳しくする。
依頼です。
ソースはhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050701-00000116-yom-pol

人間は二通りしかいない。成功者と失敗者ではない。何かをして成功も失敗もする人と、何もしないで成功も失敗もしない人である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加