Sponsored Link


「国家戦略局」担当相に民主・菅直人氏副総理も兼任民主党の鳩山由紀夫代表は5日、内閣に新設する「国… 



Sponsored Link
 


「国家戦略局」担当相に民主・菅直人氏副総理も兼任

民主党の鳩山由紀夫代表は5日、内閣に新設する「国家戦略局」の初代担当相に菅直人代表代行の起用を内定した。
同局は国家運営の基本方針や予算編成の骨格を決める総理大臣直属機関で、その担当相は「脱官僚」を掲げる新政権の最重要閣僚に位置づけられる。
菅氏は副総理のほか党政調会長も兼務し、政策決定の一元化を図る。
鳩山氏は同日、次期幹事長に内定している小沢一郎代表代行に党人事を一任する意向を伝え、政府は鳩山氏、党運営は小沢氏をトップとする政権の役割分担が鮮明になった。
民主党は総予算の全面組み替えで無駄遣いをなくし、子ども手当や高速道路無料化などの財源を捻出(ねんしゅつ)することを衆議院選で公約。
国家戦略局は従来の省庁縦割りの予算編成を政治主導に転換する役割を担い、官僚の抵抗と戦う前線の指揮を菅氏が執ることになる。
菅氏は新党さきがけに所属していた94年、自民、社会両党との「自社さ連立政権」に参画。
橋本内閣の厚相時代に薬害エイズ問題の究明で官僚と対決した。
96年に鳩山氏らと旧民主党を結成。
98年に誕生した現在の民主党では代表を2回務めた「党の顔」の一人だ。
鳩山氏は5日、党本部で小沢氏と会談し、菅氏を国家戦略局担当相、岡田克也幹事長を外相に起用する閣僚人事のほか、輿石東参議院議員(ダイヤモンドの商人がきて、 このダイヤモンドは永遠の輝きをどうのこうのって言うとるけど せいぜい百年しか生きられん人間に、 永遠の輝きを売りつけてどうするんじゃ)会長を留任させる考えを伝えた。
鳩山氏は会談後、主要閣僚人事について「7日に内定したい」と記者団に表明。
週明けの7日に党幹部会を開く。
16日召集の特別国会へ向け、小沢氏は衆議院議長候補や国対委員長など党役員・国会関連人事に着手する。
2009年9月6日2時30分(最終更新9月6日2時30分)

「いちばん性の悪い動物の名は?」と、王が賢者に尋ねたら、賢者曰く「荒っぽい奴では暴君、おとなしい奴ではおべっか使い」



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加