Sponsored Link


菅首相「“有言実行内閣”のスタートです」→野党議員「“有害実行”だ!」とヤジ第176臨時国会が1日召集… 



Sponsored Link
 


菅総理大臣「“有言実行内閣”のスタートです」→野党議員(ダイヤモンドの商人がきて、 このダイヤモンドは永遠の輝きをどうのこうのって言うとるけど せいぜい百年しか生きられん人間に、 永遠の輝きを売りつけてどうするんじゃ)「“有害実行”だ!」とヤジ

第176臨時国会が1日召集され、菅直人総理大臣は衆参両院本会議で所信表明演説を行った。
9月の民主党代表選で再選後初めての所信表明演説。
冒頭で「政権を本格稼働させる段階に入りました。
“有言実行内閣”のスタートです」と宣言したが、漁船衝突事件をきっかけとする日中対立などさまざまな問題を抱えており、野党議員からは「“有害実行”だ!」などのヤジが飛んだ。
総理大臣は重要政策課題として「経済成長」「財政健全化」「社会保障改革」「地域主権改革の推進」「主体的な外交の展開」の5つを列挙。
参議院で与党が過半数割れした「ねじれ国会」をにらんで野党に政策協議を呼び掛けた。
終了後、自由民主党の小泉進次郎衆議院議員は「野党の最大の役割は与党のやることをチェックすることだが、何をチェックしたらいいのか分からない。
総理大臣らしく、堂々と“こうやりたい”と言えばいい」と批判。
同党の三原じゅん子参議院議員も「1つもピンとくるところがなかった」と首をかしげた。
民主党内でも、総理大臣に距離を置く小沢一郎元幹事長に近い中堅の衆議院議員は「リーダーの迫力が感じられない」と酷評した。
スポニチ[2010年10月02日菅総理大臣の所信表明演説に「有害実行だ」とヤジ画像衆議院本会議で所信表明演説をする菅総理大臣PhotoBy共同

人々は美徳の点ではそんなに差異はなく、悪徳の点でのみ差異がある



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加