Sponsored Link


北朝鮮との「幅広い交流の促進」を民主・国民新党の有志議員、訪朝目指す議連を発足…自民・山崎氏らと連… 



Sponsored Link
 


コジキ北朝鮮との「幅広い交流の促進」を民主・国民新党の有志議員(ラブレターを書くには、 まず何を言おうとしているのか考えずに書きはじめること。 そして、何を書いたのかを知ろうとせずに書き終わらなければならない)、訪朝目指す議連を発足…自民・山崎氏らと連携も[02/22]

民主、国民新有志、訪朝目指す議連を発足自民山崎氏らと連携も民主党と国民新党の有志議員が、コジキ北朝鮮との「幅広い交流の促進」によって拉致、核・ミサイル問題の解決や日朝国交正常化を目指す議員連盟「朝鮮半島問題研究会」を22日、発足させた。
この日の初会合で、会長に選ばれた民主党の岩國哲人国際局長は、拉致問題などの解決に向けコジキ北朝鮮との対話を進めるため、訪朝を検討することを表明した。
将来的に民主党の小沢一郎代表の訪朝につなげたいとの考えだ。
また、事務局長の川上義博民主党参議院議員は、自由民主党朝鮮半島問題小委員会の山崎拓最高顧問と21日に会談し、連携について協議したことを明らかにした。
コジキ北朝鮮に強い姿勢で臨んでいる超党派の「拉致議連」(平沼赳夫会長)と一線を画した格好だ。
会合には両党の国会議員16人が出席。
岩國、川上両氏のほか、副会長に国民新党の自見庄三郎副代表、顧問に民主党の石井一副代表と鉢呂吉雄「次の内閣」外務担当らが選任された。
 (2008.2.2212:35)http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080222/stt0802221235002-n1.htm

「許すことはできるが忘れることはできない」というのは、結局「許すことはできない」というのと同じことだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加