Sponsored Link


石原都知事が麻生総務相に反論「東京への税収集中は認識違い」東京への税収集中は認識違い=石原都知事… 



Sponsored Link
 


石原都知事が麻生総務相に反論「東京への税収集中は認識違い」

東京への税収集中は認識違い=石原都知事石原慎太郎東京都知事は19日の記者会見で、国・地方税財政の三位一体改革に絡み、麻生太郎総務相が15日の経済財政諮問会議で「東京への税収集中問題」の是正策として、法人事業税の分割基準見直しなどの方針を打ち出したことに対し、「基本的に認識が間違っている」と反論した。
その理由について、石原知事は「(税源移譲で)入ってくるのを、都が自分のものにするのではなく、区市町村にも配るわけだから、これをやられると都は大損する」と述べ、同省の指摘は当たらないと主張。
「分かっていて分からないふりをしているのだろうが、数字のつじつま合わせだ」と批判した。
http://www.jiji.com/cgi-bin/content.cgi?content=041119171156X584&genre=po・経済財政諮問会議http://www.keizai-shimon.go.jp/◆第28回会議(平成16年11月15日)麻生議員(われわれのモットーは、周知のごとく自然に従って生きよ)(一部抜粋)現行の個人住民税のシェアで税源を移譲した場合には、財政力のある団体は約1,600億円増収、そのうち、東京に約800億円を持っていかれることになる。
そこで10%の比例税率化をすると、税率13%層の多い豊かな団体の増収額が、総額で1,600億円から1,000億円に減るということである。
東京は800億円増収が300億円増収に減るという形になる。
さらに法人事業税の分割見直しをすると、簡単に申し上げると、東京の増収額が0ということになる。
地方はその分だけ増えるという形になるので、今回の3兆円に限り基準財政収入額に算入すると、確実に調整ができる1つのやり方として、こういった方法が考えられる。
http://www.keizai-shimon.go.jp/minutes/2004/1115/shimon-s.pdf

女たちがひとりでいるとき、どんなふうに時間をすごすかを男たちが知ったならば、男たちはけっして結婚なんかしないだろう



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加