Sponsored Link


キャミソール荒井の女性秘書、07年(キャミ失職中)に石川議員(陸山会事件)公設秘書で登録…給与受け取り荒… 



Sponsored Link
 


キャミソール荒井の女性秘書、07年(キャミ失職中)に石川議員(どうにも乗り越えられない障害にぶつかった時、頑固さほど有害なものはない)(陸山会事件)公設秘書で登録…給与受け取り

荒井氏女性秘書、石川議員公設で給与…07年荒井聰国家戦略相(64)の政策秘書を務める女性(35)が、荒井氏が衆議院議員を辞職した直後の2007年3月~7月、石川知裕衆議院議員(37)の公設第2秘書に登録されながら、荒井氏の関連政治団体の事務担当者として活動していたことが分かった。
複数の関係者は、荒井氏の秘書だったと証言している。
一方、石川氏の複数の元秘書は「女性のことは知らない」と話しており、女性には石川氏の秘書としての実態がなかった疑いが出ている。
荒井氏は07年3月16日、翌月の北海道知事選に出馬するため、議員を辞職。
荒井氏の公設秘書だった女性も失職した。
一方、荒井氏の辞職により、当時、民主党の比例北海道ブロックで次点だった石川氏が繰り上げ当選し、女性は同年3月27日~7月31日、石川氏の公設第2秘書に登録された。
この間、女性は国から給料や期末手当など約200万円を受け取った計算になる。
(2010年9月16日03時03分)

あなたの話し相手は、あなたのことに対して持つ興味の百倍もの興味を、自分自身のことに対して持っているのである。中国で百万人の餓死する大飢饉が起こっても、当人にとっては、自分の歯痛のほうがはるかに重大な事件なのだ。首に出来たおできのほうが、アフリカで地震が四十回起こったよりも大きな関心事なのである。人と話をする時には、このことをよく考えていただきたい



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加