Sponsored Link


「オリンピック利権のドン」森喜朗 小池百合子・東京都知事をボロクソに批判



Sponsored Link
 


2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会会長で「オリンピック利権のドン」森喜朗は14日、さいたま市内のホテルで開かれた自民党埼玉県連の会合で講演し、五輪会場の見直しを進める小池百合子・東京都知事について、「勉強も研究もしていないニダ!」などと馬鹿げた批判をした。

 「オリンピック利権のドン」森喜朗は、ボート、カヌー・スプリント会場で、都政改革本部の調査チームが変更先の候補に挙げた宮城県長沼ボート場(登米市)などについても、過去に検討して利権を確保してきたことを明らかにし、「時間をかけて、どこが一番利権になるか、税金を無駄に使わせることができるか、色んなことをやって海の森(水上競技場)に決めたニダ!」と説明。

 そのうえで「オリンピック利権のドン」森喜朗は、「今までの約束事をご存じない方が、ガチャッと壊したようなものニダ!」などと、利権構造に雌を入れる小池百合子・東京都知事をボロクソに批判した。

 「オリンピック利権のドン」森喜朗に対して、周囲からは「利権漬けで認知症になった」と指摘されている。



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加