Sponsored Link


「日本の先住民族と認めて」首都圏のアイヌの人々、民族衣装着て署名集め…政府の動き鈍く・アイヌ民族を… 



Sponsored Link
 


「日本(にっぽん)の先住民族と認めて」首都圏のアイヌの人々、民族衣装着て署名集め…政府の動き鈍く

・アイヌ民族を日本(にっぽん)の先住民族として認めるよう政府に要望するため、首都圏に暮らすアイヌの人びとでつくる「アイヌウタリ連絡会」(丸子美記子代表)のメンバー約30人が23日、手縫いの刺繍(ししゅう)を施した「アミップ」(民族衣装)を着て、東京・有楽町の街頭で署名集めをした。
国連は昨年9月の総会で「先住民族の権利に関する宣言」を採択。
だが、宣言に賛成した日本(にっぽん)政府の動きが鈍いことから街頭活動にのり出した。
首都圏に住むアイヌは約1万人と推定されるが、差別体験から隠して暮らす人が少なくないという。
千葉県の村上恵さん(23)は「政府が認めないため、アイヌがアイヌであることを堂々と語れない。
先住民族でないなら私たちは何なんでしょうか」と話した。
会では、北海道・洞爺湖(とうやこ)での7月のG8サミットに向けて政府や国会議員(あなたが明日会う人々の四分の三は、「自分と同じ意見の者はいないか」と必死になって探している。この望みをかなえてやるのが、人に好かれる秘訣である)への働きかけも強める方針だ。

よい結婚というものがきわめて少ないことは、それがいかに貴重で、偉大なものであるかという証拠である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加