Sponsored Link


浦和競馬、議員報酬を7分の1に引き下げ・経営立て直しへ経費削減を進める 浦和競馬組合議会 議員報酬7… 



Sponsored Link
 


浦和競馬、議員(ごく小さな孔から日光を見ることができるように、小さな事柄が人の性格を浮き彫りにする)報酬を7分の1に引き下げ・経営立て直しへ経費削減を進める

浦和競馬組合議会 議員報酬7分の1 県浦和競馬組合議会(大石忠之議長)は二十九日、さいたま市内で臨時会を開き、議員報酬を現行の約七分の一に引き下げる条例改正などを可決した。
同競馬副管理者(常勤)の報酬も月額五十万円(現行六十万円)まで減らす。
同競馬の二〇〇五年度収支は黒字の見通しだが、二十三億円もの累積赤字を 抱えており、経営立て直しへ経費削減を進めている。
同議会は県議とさいたま市議の八人で構成。
競馬運営の予算や決算などを審査する 議会を年数回開いている。
減額後の報酬月額は議長九千円(現行四万三千円) 副議長八千円(同四万円)一般議員七千円(同三万六千円)。
合わせて期末手当を 廃止する。
今回の減額で年間四百十八万円の経費削減になるという。
あいさつに立った同競馬管理者の上田清司知事は「浦和競馬を取り巻く状況は 大変厳しい。
二、三年模索を続けてきちっとした対策を取れなければ、重大な決断を しなければいけない」と、経営改善に向けた強い決意を示した。
引用元

人間とは、なんと造化の妙をきわめた驚くべき傑作なのだろう!…でもその人間が、私にとっては、たかのしれた塵芥の精髄としか思われない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加