Sponsored Link


シュワ加州知事再選へブッシュ大統領の立場から距離を取る路線変更米加州知事再選へ路線変更アメリカで… 



Sponsored Link
 


シュワ加州知事再選へブッシュ大統領の立場から距離を取る路線変更

米加州知事再選へ路線変更アメリカで、中間選挙にあわせて7日に行われる西部カリフォルニア州の知事選挙は、共和党の現職で人気俳優のシュワルツェネッガー知事が、ブッシュ政権のイラク政策を支持したなどとして民主党の新人候補から厳しい批判を浴び、ブッシュ大統領の立場から距離を取ることで再選を目指そうとしています。
アメリカでは今月7日、連邦議会の議員(やっかいなのは、何も知らないことではない。実際は知らないのに、知っていると思い込んでいることだ)を選ぶ中間選挙にあわせて、全米50州のうち36の州で知事選挙が行われます。
このうち西部カリフォルニア州では、3年前に初当選したシュワルツェネッガー知事に対し、民主党は新人のアンジェリーデス候補が立候補し、シュワルツェネッガー知事がブッシュ大統領との盟友関係を強調していたことを指摘して、イラク政策で批判を浴びるブッシュ大統領と知事の姿を重ね合わせる戦略で、支持の切り崩しを図ってきました。
これに対し、シュワルツェネッガー知事は、これまでの方針を転換してブッシュ大統領の立場から距離を置き、このうち、市民の関心が高い環境問題では、ことし9月、温室効果ガスの削減を企業などに義務づける州法を全米で初めて成立させたほか、ブッシュ大統領の温暖化対策は不十分だと批判する手紙を大統領に送りました。
その結果、シュワルツェネッガー知事は支持を徐々に回復して、最新の世論調査ではアンジェリーデス候補に対しリードを保つようになり、民主党陣営の攻勢をかわそうとしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/2006/11/05/k20061104000134.html

できうるかぎり早く結婚することが女のビジネスであり、できるだけ永く独身でいることが男のビジネスである



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加