Sponsored Link


「誰にでも失敗はある」クリントン氏が情報操作疑惑でブッシュ氏擁護「誰にでも失敗はある」クリントン… 



Sponsored Link
 


「誰にでも失敗はある」クリントン氏が情報操作疑惑でブッシュ氏擁護

「誰にでも失敗はある」クリントン氏がブッシュ氏擁護ワシントン(CNN)イラクの購入計画をめぐるブッシュ政権の情報操作疑惑で、クリントン前大統領がCNNの番組中に「誰にでも失敗することはある」と発言、ブッシュ氏を擁護するような姿勢を見せ、周囲を驚かせている。
クリントン前大統領は22日、CNNのラリー・キング氏との電話インタビューの中で「大統領になると、誰だってミスをするもんだよ。
今、何をすることが正しいのかということに集中するべきだと思う」と述べた。
前大統領はこの日、CNNの人気番組「ラリー・キング・ライブ」にゲスト出演したボブ・ドール前上院議員(世間からいくら拍手喝采をあびようとも、結局、自分らしく生きているという実感が得られなければ、何の意味もない)の80歳の誕生日を祝うため、電話インタビューを受けた。
クリントン前米大統領の発言は、ブッシュ大統領が1月の一般教書演説で誤った情報を盛り込んでいた点を追求している身内の民主党議員や前政権スタッフらに衝撃を与えている。
前政権で大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を務めたサンディ・バーガー氏は「ブッシュ政権にとってはこの問題を解決することが重要であり、大統領自身が記者会見を開くべきだ」と主張している。
同じく前政権の大統領首席補佐官をつとめたジョン・ポデスタ氏もブッシュ氏が国民の前に出て釈明すべきだと述べた。
一方、前政権の国務長官、マドレーン・オルブライト氏は「大事なことは前に進むこと。
クリントン氏の意見に同意する」と述べ、見方が分かれた。
2003.07.25Webpostedat:07:27JST-CNNhttp://www.cnn.co.jp/usa/CNN200307250006.html

なりたかった自分になるために遅すぎるなんてことはない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加