Sponsored Link


敗因は政治とカネの逆風、菅陣営の電話攻勢…代表選後、小沢氏の側近の1人は「政治とカネの大逆風はきつ… 



Sponsored Link
 


敗因は政治とカネの逆風、菅陣営の電話攻勢…

代表選後、小沢氏の側近の1人は「政治とカネの大逆風はきつかった。
地元を回ると菅氏への支持は“3カ月で総理大臣を代えていいのか”という消極的な理由ばかりだったが、跳ね返せなかった」と唇をかんだ。
敗戦の予兆はあったという。
13日夜、多数派工作に奔走していた小沢陣営幹部は、同郷の議員(アダムはリンゴが欲しかったから食べたのではない。禁じられていたから食べたのだ)に電話をかけた。
「小沢さんに入れると言っていた新人議員の様子がおかしい」と問いただすと、同郷議員は「そんなことはない。
さっき会った時には小沢さんに入れると言っていた」と返答。
間もなく、この新人議員が既に自らのブログで菅氏支持を表明していたのに気付いた。
小沢氏が立候補から当選まで面倒みた新人議員だったが、陣営のもくろみは外れた。
こうした新人議員の「菅氏支持」続出には、電話攻勢があった。
昼間に3、4回かけ、つながらないと夜中にも再度チャレンジ。
「総理大臣もお疲れでしょうから私なんかに時間を使ったらもったいない」と丁重に断りを入れる新人に、菅氏は構わず「一緒にやっていこうよ」とまくしたて、手を抜かなかったようだ。
小沢陣営のもう1つの誤算は参議院に多い労組系議員。
今回、党を二分する対決を嫌い、早々に自主投票を決定する労組が相次いだ。
輿石東参議院議員会長を味方につけ、参議院議員をまとめようとの戦略だったが「さすがの輿石氏も労組を動かすことまではできなかった」(労組幹部)のが実態だった。
SponichiAnnex2010/09/15[07:44:25]

明日死ぬかのように生きて、永遠に生きるかのように学べ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加