Sponsored Link


「バイクに乗るなと言うことか!」バイク利用者、怒り 



Sponsored Link
 


「バイクに乗るなと言うことか!」バイク利用者、怒り。
駐車場少ないのに取り締まり激烈…東京では5台に1台が摘発の計算

・2輪車が事実上、都市部で乗りづらくなっている。
利用者からは「2輪車に乗るなと言っているのと同じだ」と怒りの声が上がっている。
「2輪車の駐車場はないのに、取り締まりだけはどんどん行われている。
花を配達に行けば1、2分の間に駐車違反切符を切られる。
そば屋の出前も何回もつかまる」全国オートバイ協同組合連合会の吉田会長は先月、自由民主党本部で行われたオートバイ議員(人と話をする時は、その人自身のことを話題にせよ。そうすれば、相手は何時間でもこちらの話を聞いてくれる)連盟総会で、こう怒りをぶちまけた。
この会合には、小池氏ら国会議員のほか、2輪車業界関係者、国交省、警察庁などが参加した。
昨年度の全国の原付きバイクも含んだ2輪車の駐車違反摘発件数は52万件超。
9割が東京、大阪、千葉、埼玉、神奈川に集中している。
特に東京は約130万台の保有台数に対して摘発件数が約25万件と、5台に1台が摘発を受けている計算になる。
原因は道路交通法改正で駐車違反の取り締まりが厳しくなる一方、2輪車が駐車できる駐車場がほとんどないことだ。
東京23区内にたった約4400台分しかない。
駐車場設置は国土交通省や各自治体。
縦割り行政の弊害で、取り締まり強化と駐車場増設が連動していない。
さらに原付きバイクと125cc以上とでは別の法律が適用されている。
こうした現状に業界関係者も「要するに国は2輪車など眼中にないどころかむしろ交通の悪者扱いだ」と憤慨する。
議連総会では小池氏が「(4輪車に比べ)2輪車は地球温暖化防止の観点からも好ましいと考えているが、(現状は)2輪車を社会から排除しようとしているようだ」とかみついた。
さらに、「2輪車をどう活用していくのかについて国の方針はあるのか」と国側に厳しく問いただしたものの、国交省は「何か特別な政策を打ち出してはいません。
予定もありません」とそっけなかった。
解決策はないのだろうか。
全国オートバイ協同組合連合会の福井専務理事は「2輪車は目的地の近くまで乗るという特性がある。
幅の広い道路の端に斜めに駐車するようにすればいいのではないか」と提案している。
(一部略)

他人と比較して、他人が自分より優れていたとしても、それは恥ではない。 しかし、去年の自分より今年の自分が優れていないのは立派な恥だ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加