Sponsored Link


小泉純一郎首相、参院選の過半数維持へ挙党態勢を指示首相、参院選の過半数維持へ挙党態勢を指示小泉純… 



Sponsored Link
 


小泉純一郎総理大臣、参議院選の過半数維持へ挙党態勢を指示

総理大臣、参議院選の過半数維持へ挙党態勢を指示小泉純一郎総理大臣は27日、自由民主党本部で開いた選対本部会議で2007年参議院選について「何とか過半数の議席を獲得できる態勢を今から整えていかなければならない」と述べ、早期に挙党態勢づくりに取り組むよう指示した。
比例代表候補の公認は04年と同じく原則70歳未満とすることを確認した。
07年に改選を迎える与党議員(人間は他人の経験を利用するという特殊能力を持った動物である)は79人。
04年当選議員は57人しかおらず、64議席以上獲得できなければ与党過半数を維持できない。
総理大臣は「前回(01年)は予想以上。
あのような議席を獲得するのは極めて難しい」と指摘した。
ただ、挙党態勢との触れ込みにしては参議院執行部内に要望が多い郵政造反組の復党に総理大臣は冷ややかだ。
会議に先立ち会談した武部勤幹事長とは9月の退陣前の復党は認めないことで一致した。
山崎拓氏が早期復党を促す発言をしたことを記者団に聞かれても「山崎さんの1つの意見」と一蹴。
「来年は参議院選があるが、当分は無理でしょう」と言い切った。

時は苦しみや争いを癒す。というのは、人が変わるからである。人はもはや同一人ではないのである



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加