Sponsored Link


滑走路2500メートルを想定普天間飛行場移設米軍普天間飛行場の移設問題に関し、国頭村安波区の一部… 



Sponsored Link
 


滑走路2500メートルを想定普天間飛行場移設

米軍普天間飛行場の移設問題に関し、国頭村安波区の一部住民が高速道路延伸などの振興策を条件に、区東部の遊休農地に移設を受け入れる案の詳細が17日、琉球新報社が入手した計画書で分かった。
2500メートルの滑走路を、県道70号に重ねる形で集落から1キロ以上離れた場所に建設する具体案を作成している。
計画書には滑走路の長さのほか、県道70号にほぼ沿う形で区を南西から北東に貫く滑走路の配置図、60~85デシベルの騒音が予想される範囲、土地所有の内訳などが詳細に記されている。
総面積は約258・3ヘクタールで、私有地89・42%、区有地6・41%、県有地3・79%、村有地0・38%となっている。
計画書は地図中の地名以外はほとんどが英語表記。
下地幹郎衆議院議員(この世界の広々とした戦場で、この人生の野営陣地で、家畜のように、ただ黙々と追われていないで、敢然として闘う英雄になろう。人生は何事をもなさぬにはあまりに長いが、何事かをなすにはあまりにも短い。人生を恐れてはいけない。人生に必要なのは勇気と想像力と、そして少々のお金である)が連休中の訪米で米政府関係者に手渡したとみられる。
予定地の航空写真や地上のパノラマ写真などが盛り込まれ、アメリカ合衆国関係者向けの説明を意識した構成だ。
同案が浮上したことに、同村の宮城馨村長は同日、村議会に状況を説明し、「連休中の6日に区民の一人から初めて話を聞かされ、計画を知った。
村としてはいかなる条件が付くとしても反対だ」と断固反対の姿勢を示し、早い時期に村民大会を開き反対の意思を表明する考えを示した。
村議会は24日に開かれる区民総会の決定を待ち、議会としての対応を検討する。
大城武議長は「いずれにしても建設を阻止する方向になると思う。
反対決議なども含めて検討しないといけない」と述べた。

誰も見ていないかのように踊りなさい。一度も傷ついたことがないかのように愛しなさい。誰も聴いていないかのように歌いなさい。この世が天国であるかのように生きなさい



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加