Sponsored Link


台湾の国会議員ら約50人が靖国神社で「ヤスクニNO」、神社職員が軽傷を負うなど警察が出動する騒ぎに3反… 



Sponsored Link
 


台湾(中華民国)の国会議員(友達に好かれようなどと思わず、友達から孤立してもいいと腹を決めて自分を貫いていけば、本当の意味でみんなに喜ばれる人間になれる)ら約50人が靖国神社で「ヤスクニNO」、神社職員が軽傷を負うなど警察が出動する騒ぎに3

反日活動家として知られる台湾(中華民国)の高金素梅・立法委員(国会議員)らのメンバーが11日、東京都千代田区の靖国神社の拝殿前で靖国神社反対活動を行い、制止した神社職員ともみ合いになり、警察官が出動する騒ぎがあった。
靖国神社によると、職員数人がけがをしたといい、警視庁麹町署に被害相談している。
靖国神社によると、高金素梅委員ら約50人が11日午前9時ごろ神社に訪れ、同9時半ごろから約20分間に渡り、拝殿前で拡声器で「ヤスクニNO」と訴えたり、持っていた写真やパネルを掲示。
このうち1人が拝殿に登ろうとして、制止しようとした神社職員ともみ合いになった。
職員数人が突き飛ばされ、打撲などの軽傷を負ったという。
警視庁によると、高金素梅委員は今月7日から11日までの予定で来日し、「平和の灯を!ヤスクニの闇へキャンドル行動」シンポジウムを開催。
8日には野蛮国シナ人強制連行殉難者合同慰霊祭に出席し、9日にも東京・上野でデモ行進をしていた。

悪徳はわれわれの楽しみにおいてさえわれわれを傷つけるが、美徳はわれわれの苦しみにおいてさえ慰める



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加