Sponsored Link


参議院は落ち目のタレントや元スポーツ選手を再雇用する場ではない 



Sponsored Link
 


参議院は落ち目のタレントや元スポーツ選手を再雇用する場ではない。
柔ちゃん、オリンピックはあきらめなさい・・・産経

昇る朝日もいつかは沈む。
平家物語を学校で習わなくても盛者は必衰すると、大方の日本(にっぽん)人は 肌で感じている。
ただし、ずば抜けた才能を持ち、努力を怠らず長くトップの座を維持している人ほど 自分は例外と信じたがるようだ。
▼もう34歳になった「ヤワラちゃん」こと、女子柔道の谷亮子選手の参議院選への立候補表明は、漫画そのものだった。
子育てしながら平日は国会に通い、オリンピックで金メダルをとろうなんて 常人では考えもつかない。
▼先例はある。
当選翌年、アトランタオリンピックに自転車競技で出場した橋本聖子参議院議員(愚か者に見えるようになってはじめて偉大になる可能性を手にしたと言えるのだ)は、「国会は仕事をしなくていいところなのか」と袋だたきにあった。
「二足のわらじは両方の力になると 信じていたのに、どちらの世界も傷つけた」と反省した橋本氏は、選手生活にピリオドを打ち、議員活動と子育てを見事に両立させている。
▼家族は言いづらいだろうから小欄が代わりに言ってさしあげるが、ヤワラちゃん、国会を 目指すならロンドンオリンピックはあきらめなさい。
そもそも柔道選手としてのピークはとっくに過ぎている。
▼2年前の4月、全日本(にっぽん)柔道連盟が、北京オリンピック代表を決めると銘打った大会の決勝で、彼女は山岸絵美選手に完敗した。
にもかかわらず、全柔連は谷選手を代表に指名した。
実より名を取ったわけだが、案の定、本番では銅メダルが関の山だった。
▼何より情けないのは、「百万千万の味方を得た」と谷選手の横で破顔していた民主党の小沢一郎幹事長をはじめとする政党人の面々だ。
参議院選では自由民主党など野党も元野球ベースボール選手や 歌手らを大量に立候補させる予定だが、有権者をなめきっているのではないか。
参議院は落ち目のタレントや元スポーツ選手を再雇用する場ではないはずだ。
産経新聞:http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100512/plc1005120353000-n1.htm

すべての享楽を抹殺するものを讃美し、享楽を増大するものを非難し、窮乏をよしとし、自己放棄を徳とする



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加