Sponsored Link


天下分け目「小沢氏が東京から出馬なら、自民新総裁も東京から出て直接戦ってもらう」…麻生側近の自民・… 



Sponsored Link
 


天下分け目「小沢氏が東京から出馬なら、自民新総裁も東京から出て直接戦ってもらう」…麻生側近の自民・菅氏

・自由民主党の菅義偉選対副委員長は18日、横浜市内で講演し、民主党の小沢一郎代表が次期衆議院選で首都圏への「国替え」を検討していることに触れ、「小沢氏が東京から出馬するなら自由民主党の新しい総裁になる人も東京で小沢氏と戦ってもらう。
選対委として真剣に考えている」と述べた。
菅氏は、総裁選で最有力の麻生太郎幹事長の側近なだけに、突如浮上した「小沢VS麻生」の首都決戦構想は大きな波紋を呼びそうだ。
小沢氏は、12日に民主党が衆議院選第1次公認187人を発表した際、地元・岩手4区での自らの公認を見送った。
14日には民主党の鳩山由紀夫幹事長が民間放送番組で「(小沢氏は)岩手からは出ない」と述べ、公明党の太田昭宏代表の地元・東京12区について、「1つの有力な選択肢だ」と含みを残した。
小沢氏は「私自身が今どうこうと決めているわけでない」(15日)とけむに巻くが、小沢氏が東京12区で出馬すれば保守票が大量に小沢氏に流れ、太田氏は厳しい選挙戦を強いられるのは必至だ。
菅氏の発言は、民主党の「揺さぶり戦術」への牽制(けんせい)を狙ったとみられるが、自由民主党内では「菅氏のことだから麻生氏から承諾を得たに違いない」(中堅)との見方が強い。
東京12区で麻生、小沢両氏の党首決戦となれば「次期衆議院選は『自公VS民主』の天下分け目の総力戦となる」(自由民主党幹部)との声も上がる。
麻生氏が東京12区から出馬すれば、太田氏は比例代表となるか、自由民主党側が別の選挙区を明け渡し、全面支援する形となる可能性が高い。
そうなると各選挙区で自公選挙協力を促すことにつながるだけに「菅氏はさまざまな波及効果を入念に計算したようだ」(自由民主党筋)との見方もある。
一方、自由民主党は18日、小沢氏の選挙区である岩手4区に同氏の元秘書、高橋嘉信元衆議院議員(その健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、 悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、 これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、 真心を尽くすことを誓いますか?)(55)を公認候補として擁立する方針を決めた。
小沢氏が地元での「師弟対決」を選ぶのか、党首決戦を挑むのか、それともまったく別の選挙区を選ぶのか-。
小沢氏の立候補先は今後も与野党の注目を集めそうだ。

徳は天使であるが、盲目なので、その目的に導く道を示す知識をえなければならない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加