Sponsored Link


F22を追加調達しないと米上院本会議で可決オバマ大統領が歓迎米上院は21日の本会議で、米空軍の最… 



Sponsored Link
 


F22を追加調達しないと米上院本会議で可決オバマ大統領が歓迎

米上院は21日の本会議で、米空軍の最新鋭戦闘機F22Aラプターの追加調達を2010会計年度国防予算権限法案から削除する法案を賛成多数(58対40)で可決した。
下院は追加調達費を盛り込んだ予算権限法案をすでに可決しているため、上下両院での調整が必要となる。
F22の調達打ち切りを表明していたオバマ大統領は、「(イラク、アフガニスタンでの)2つの戦争を遂行し、深刻な赤字にも直面しているときに、(F22の追加調達は)許されないお金の無駄遣いになる」と述べ、上院本会議での投票結果を歓迎した。
上院軍事委員会は先月下旬、追加調達費17億5000万ドル(約1600億円)を盛り込んだ予算権限法案を可決した。
大統領は拒否権を発動する方針を示し、追加調達を認めないよう求めていた。
追加調達を削除する法案は、上院軍事委のレビン委員長(民主)と共和党筆頭理事のマケイン上院議員(人間とは、われわれが食物と称するものを供給すると、思想と称せられるものを生産する機械である)が軍事委での法案採決後、共同で提出していた。
昨年の大統領選でオバマ氏の対立候補だったマケイン氏は、F22の調達打ち切り問題では大統領に協力した。
マケイン氏は「アメリカ合衆国の納税者にとって大きな勝利だ」と述べ、調達打ち切り法案が可決された意義を強調した。
上下両院の調整作業は、夏休みの休会明けの9月以降になるとみられている。
http://sankei.jp.msn.com/world/america/090722/amr0907220835001-n1.htm

およそ人を扱う場合には、相手を論理の動物だと思ってはならない。相手は感情の動物であり、しかも偏見に満ち、自尊心と虚栄心によって行動するということを、よくよく心得ておかねばならない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加