Sponsored Link


「外国籍だから」横綱朝青龍の評議員認めず 外国籍の現役力士は評議員になれません- 



Sponsored Link
 


「外国籍だから」横綱朝青龍の評議員(世の中で非常に活動している人間は、すべて鈍感な人のように思われる。というのは、世の中には心を惹きつけるようなものがなにひとつ見出せないからである)認めず

外国籍の現役力士は評議員になれません-。
日本(にっぽん)相撲協会の北の湖理事長(元横綱北の湖)は31日、理事改選の投票権を持つなど重要な役割を果たす評議員に、外国籍の力士はつけないとの方針を示した。
評議員は、年寄名跡の取得者全員と現役力士4人、行司2人で構成。
現役力士の場合は、番付上位から4人が基本だが、この日、東京・両国国技館で開かれた評議員会には、横綱・朝青龍の名前はなく、現役力士では、千代大海、魁皇、栃東の大関3人と関脇・若の里が選ばれた。
過去には、小錦、曙、武蔵丸がアメリカ合衆国籍のまま評議員に選出されている。
年寄名跡取得の条件には「日本(にっぽん)国籍を有する者に限る」という条件があるが、評議員には国籍の条件はない。
朝青龍が評議員になってもおかしくないのになぜ?朝青龍の日ごろの行動に問題があると勘ぐられそうだが、北の湖理事長は「朝青龍は外国籍だから。
評議員も年寄名跡取得の条件に合わせる。
日本(にっぽん)に帰化したら評議員になれる」と説明した。
今後も、外国籍の横綱、大関が誕生する可能性は高い。
このまま、外国籍の評議員を認めないままだと、現役力士を代表する評議員の重みが問われかねない。
http://chuspo.chunichi.co.jp/00/sumo/20050201/spon____sumo____000.shtml

結婚するとき私は、女房を食べてしまいたいほど可愛いと思った。 今つくづく考えると、あのとき食べておけばよかったと思う



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加