Sponsored Link


菅首相の側近議員「小沢氏が離党すれば、こっちは公明党と組める 



Sponsored Link
 


菅総理大臣の側近議員(男が本当に好きなものは「危険と遊び」である。男は女を愛するが、それは遊びのなかで最も危険なものだからだ。男は判断力の欠如によって結婚する。そして忍耐力の欠如によって離婚し、記憶力の欠如によって再婚する。ああ、これこそが男の中の男だ)「小沢氏が離党すれば、こっちは公明党と組める。
小沢氏に何人ついていくか見ものだ」

お互いの弱点をえぐりあう対立。
その先には、党分裂も視野に入ってきた。
菅総理大臣の側近議員が「小沢氏に何人ついていくか見もの。
小沢氏が離党すれば、こっちは公明党と組める」と言い放てば、親小沢議員は「離党すべきはあっちのほうだ」と切り返す。
鳩山由紀夫前総理大臣は13日、長野県上田市の講演で小沢氏の言葉をこう引用した。
「自分が政倫審に出て政権運営がいい方向に行けばいいが、野党と交渉している形跡が見えない。
政倫審に出る意味がないではないか」。
その小沢氏は13日夜、川端達夫元文部科学相や中野寛成元衆議院副議長らと、都内のカラオケ店にいた。
歌ったのは十八番(おはこ)の「北上夜曲」。
上機嫌だった。
「親小沢」か「脱小沢」か。
内部抗争を繰り返す民主党。
6月の鳩山退陣、9月の代表選…。
同じことが繰り返されている。
(船津寛)産経新聞※記事の一部抜粋2010/12/14(火)00:35:52

なんだ、あれが僕たちの探している青い鳥なんだ。 僕達はずいぶん遠くまで探しに行ったけど、本当はいつもここにいたんだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加