Sponsored Link


仙谷長官「過激派・極左組織に属したことはない」…22日も「暴力装置」絡みの発言で撤回騒動・仙谷官房… 



Sponsored Link
 


仙谷長官「過激派・極左組織に属したことはない」…22日も「暴力装置」絡みの発言で撤回騒動

・仙谷官房長官は、午前の参議院予算委員会で自衛隊を「暴力装置」と述べた自らの発言について「実力組織とか申し上げることが国会では適切」と答弁し、自由民主党の議員(強者は道徳を蹂躙するであろう。弱者はまた道徳に愛撫されるであろう。道徳の迫害を受けるものはつねに強弱の中間者である)の追及で直後に撤回する一幕がありました。
「本来、実力組織とか実力部隊とか申し上げることが、国会では適切だというふうに認識をしております」「『国会では』という部分は撤回を致します」(仙谷由人官房長官)仙谷長官は最初の発言のあと、自由民主党の議員に「国会答弁として」とはどういうことか問いただされ、直ちに撤回しました。
「暴力装置でもある自衛隊」という今月18日の自らの発言は国会の答弁でなければ内容としては間違っていないとも受け取れる発言で、自由民主党などはさらに反発を強めています。
また、「暴力装置」は革命家の言葉ではないかという指摘に対し、仙谷長官は「東大全共闘の救援対策を担ったことはあるが、過激派・極左組織に属したことはない」と答弁しました。
※・勝谷誠彦「極左の仙谷氏を検察のトップにするとは狂気の沙汰!柳田氏に拉致担当させたのも問題。
国民は怒れ」

三週間互いに研究し合い、三か月間愛し合い、三年間喧嘩をし、三十年間我慢し合う。そして子供たちが同じことをまた始める



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加