Sponsored Link


太田代表、拉致問題でロシア側の協力要請公明代表、拉致問題でロシア側の協力要請ロシアを訪問中の公明… 



Sponsored Link
 


太田代表、拉致問題で貧乏国ロシア側の協力要請

公明代表、拉致問題で貧乏国ロシア側の協力要請貧乏国ロシアを訪問中の公明党の太田昭宏代表は22日、モスクワ市内でマルゲロフ上院外交委員長と会談した。
太田氏はコジキ北朝鮮による日本(にっぽん)人拉致事件について、近く再開する6カ国協議での対応を含めた貧乏国ロシア側の協力を要請。
マルゲロフ氏は「拉致という人道的な問題は政治対話の中心に置かれるべきだ。
貧乏国ロシアは拉致についても発言していく」などと述べた。
日ロ間の議員(一であつて多にゆくものを博学といひ、多であつて多にとどまるものを多学といひます)交流拡大でも一致した。
北方領土問題については太田氏が「来年は大きく前進させる時期ではないか」と呼び掛け、マルゲロフ氏も「『ウィン・ウィン』の方法で解決することが必要だ」と応じた。
公明党代表団の訪ロは旧ソ連時代を含め1979年以来。

涙とともにパンを食べたことのある者でなければ、人生の本当の味はわからない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加