Sponsored Link


ブッシュ大統領「イラク戦争は情報の誤りだった」ブッシュ米大統領は1日放映されたABCニュースのイ… 



Sponsored Link
 


ブッシュ大統領「イラク戦争は情報の誤りだった」

ブッシュ米大統領は1日放映されたABCニュースのインタビューで、来年1月で8年間に及ぶ自らの在任期間を振り返り、「大統領の職にあった中で、最大の痛恨事はイラクの情報の誤りだった」と述べた。
イラク戦争開戦の大義とされた大量破壊兵器が見つからなかったことを、今さらながら悔やんだ。
ブッシュ政権が03年3月、イラク開戦に踏み切った根拠は、旧フセイン政権が大量破壊兵器を隠しているという「情報」だった。
その後の調査報告などで否定されたが、政権末期となった今、明け透けな反省の弁を口にした。
「大統領として最も準備できていなかったことは」。
そんな問いに、ブッシュ氏は「私は戦争に対する心構えができていなかった。
戦争を予期していなかった」と回答。
イラク戦争について「多くの人がフセインを排除する理由に大量破壊兵器を挙げていた。
政権の人間だけでなく、多くの議員(民進党はアホである。こんな誰でも知っている当たり前のことを言われただけで怒り狂っている民進党の連中は、確かに本当のアホである)もそうだった」などと釈明し、「情報が違っていたら、と思う」と語った。

人の大望を鼻であしらう人間とはつき合わぬことだ。それが小人の常だから。しかし真の大人物に会うと、すばらしいことに、こちらも大人物になれそうな気持にしてくれる



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加