Sponsored Link


鳩山邦夫氏「今後、自民党との共闘はある」と余裕の表情「鳩山邦夫氏に厳しい処分を出すと離党者続出」… 



Sponsored Link
 


鳩山邦夫氏「今後、自由民主党との共闘はある」と余裕の表情「鳩山邦夫氏に厳しい処分を出すと離党者続出」と閣僚経験者

自民も「執行部処遇が本格化」参議院選へ苦難の谷垣総裁予算成立で平成22年度予算が成立し、自由民主党執行部は夏の参議院選勝利に向けて態勢固めを本格化させたいところだ。
だが党内では国会審議への対応や党運営への不満から、執行部一新を求める声が収まらない。
24日は新党結成を目指して離党届を出していた鳩山邦夫元総務相の除名処分を見送り、「弱腰だ」との新たな不満を生んだ。
谷垣禎一総裁は4月1日から両院議員(「なぜ美人はいつもつまらぬ男と結婚するんだろう?」「賢い男は美人と結婚しないからさ」)懇談会を開いて危機を乗り越えようとしているが、執行部刷新の要求をはね返すことができるのか-。
(水内茂幸)「選挙にあわせて通そうという選挙至上主義だ。
権力を私のものにしようという手法が目につく。
きわめて問題の大きい予算だ」谷垣氏は24日夕、22年度予算が成立したのを受けて、記者団に政府・与党を激しく批判した。
だが1月の党大会で「小沢独裁と戦う」と高らかに宣言したのとは裏腹に、22年度予算は戦後5番目のスピード成立を許した。
鳩山政権の「政治とカネ」の問題を引き続き「きちんとやりたい」と述べたものの、政権にダメージを与えるほどの成果はなかった。
午前に開かれた党紀委員会(中曽根弘文委員長)では鳩山氏らの処分が協議された。
加治屋義人参議院議員らからは「期限を区切って新党結成を明言したのだから、明らかな反党行為だ」と除名を求める声が相次いだが、「『参議院選に影響を及ぼさないでほしい』という福岡県連の要請を尊重した」(中曽根委員長)という理由で除名を見送った。
この決定には「厳しい処分を出すと離党者が続出する。
それを避けようと執行部の腰が引けた」(閣僚経験者)との声がもっぱらだ。
委員会後、鳩山氏は記者団に「今後、自由民主党との共闘は十二分にある」と余裕の表情をみせた。
(続く)産經新聞

なりたかった自分になるために遅すぎるなんてことはない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加