Sponsored Link


「うちは1人か!」森氏、”町村派から衆院2人”譲らず…組閣舞台裏http://www.yomiuri.co.jp/feature/20080… 



Sponsored Link
 


「うちは1人か!」森氏、”町村派から衆議院2人”譲らず…組閣舞台裏

http://www.yomiuri.co.jp/feature/20080924-4471734/20080925_03.htm?from=yoltopより一部引用組閣作業は最終局面で手間取った。
最大の原因は町村派だ。
麻生は同派の参議院議員(未来がどうなるか、あれこれとせんさくするのをやめよ。しかして、時がもたらすものが何であれ、贈りものとして受けよ)、中山恭子・前拉致問題相の再任と、衆議院から1人の起用を考えた。
国連会合出席のため訪米中の同派最高顧問の森は23日夜、麻生に電話で、「うちは1人か」と尋ねた。
「衆議院1人、参議院1人でどうですか」と言う麻生に、森は中山恭子の夫、中山成彬と、坂本剛二両衆議院議員の入閣を念頭に「衆議院2人」を譲らなかった。
恭子は拉致への取り組みが評価された「特別枠」で、「町村派枠」ではないとの考えも作用した。
「夫の出世を喜ばない妻はいない」と森は周囲に語った。
総裁選で、麻生支持の森、町村と、同派の小池百合子・元防衛相を担いだ中川秀直・元幹事長とで派が割れたこともあり、組閣で影響力を示し、派内を掌握する思惑もあったようだ。
結局、麻生は同派から成彬と塩谷立衆議院議員を入閣させ、「衆議院2人」を与えたが、恭子の再任は見送った。
成彬の人事では、さらに混乱が続いた。
麻生が24日午後2時過ぎ、成彬に電話で伝えたポストは行政改革相だった。
だが、旧大蔵省出身の成彬は「野党から『そんな人物に公務員改革ができるのか』と攻められる」と懸念したため、国土交通相に変わった。
当初構想には“玉突き”が起き、法相に固まっていた鳩山邦夫が総務相になるなど、調整がぎりぎりまで続いた。
参議院との間にもすきま風が吹いた。
麻生は自らに近い浜田靖一を防衛相にする構想を早くから持っていたため、あおりで、「参議院のホープ」と言われる林芳正・前防衛相が閣外に去ったからだ。
青木幹雄・前参議院議員会長は周辺に、「衆議院選向けの布陣を敷くべきだが、林の交代はどうか」と不満を漏らした。
国家公安委員長に世耕弘成参議院議員を起用する案もあったが、参議院側に「林を降ろして、世耕を入れるのか」と反発があり、実らなかった。

未来がどうなるか、あれこれとせんさくするのをやめよ。しかして、時がもたらすものが何であれ、贈りものとして受けよ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加