Sponsored Link


議員宿舎への引越し代金100万円を国庫負担・・・豪華で格安家賃の「赤坂議員宿舎」転居費用「領収書… 



Sponsored Link
 


議員(涙とともにパンを食べたことのある者でなければ、人生の本当の味はわからない)宿舎への引越し代金100万円を国庫負担・・・豪華で格安家賃の「赤坂議員宿舎」

転居費用「領収書」で全額支給豪華で格安家賃との批判を浴びている衆議院の「赤坂議員宿舎」(東京・港区)に、昨年7月以降、別の議員宿舎から転居する際の費用について衆議院が国庫で全額負担していることが28日、分かった。
空き室が残る赤坂宿舎への入居を奨励するための苦肉の策だが、不公平との声が出ている。
中には100万円近くの転居費を請求する議員もおり、常識外ではないかとの批判が出そうだ。
都心の一等地に立地する赤坂宿舎は地上28階建てで全300室ある。
昨年4月から入居が始まったが、衆議院によると、現在の入居議員は217人(20日現在)にとどまっている。
83の空室が残っており、家賃収入不足も懸念される。
こうした不人気の背景には、「議員厚遇」の批判が噴出し、入居をためらう議員が相次いでいることがある。
玄関ロビーなど共用部分は高級ホテル並みの豪華さで、家賃(3LDK、82平方メートル)も月9万2000円と、周辺物件の相場の約5分の1とされているからだ。
赤坂宿舎は廃止が決まっている高輪、青山の旧議員宿舎(ともに東京・港区)と、老朽化で解体計画が浮上している九段宿舎(東京・千代田区)に入居していた議員の受け入れ先となっており、転居費は国庫で負担してきた。
衆議院赤坂議員宿舎=東京・赤坂(撮影・酒巻俊介)http://ca.c.yimg.jp/news/20080228215313/img.news.yahoo.co.jp/images/20080228/san/20080228-00000962-san-pol-thum-000.jpg http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080228-00000962-san-pol

先に進むための秘訣は、まず始めること。まず始めるための秘訣は、複雑で圧倒する仕事を、扱いやすい小さな仕事に分解して、最初のひとつを始めることだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加