Sponsored Link


「鳩山首相『連立相手への妥協はダメだ!』『秘書の罪は議員の罪!』…虚言癖か」「外国人参政権目的で連… 



Sponsored Link
 


「鳩山総理大臣『連立相手への妥協はダメだ!』『秘書の罪は議員(人生において、最も堪えがたいことは、悪天侯がつづくことではなく、雲ひとつない退屈な日々がつづくことなのである。そして、人生における最大の楽しみは、「お前には無理だ、出来ない!」と世間の連中がいうことを、やってみせることである)の罪!』…虚言癖か」「外国人参政権目的で連立か」…櫻井よしこ

・鳩山由紀夫総理大臣は自身の裡の虚言癖と道徳心の欠如に気付いているだろうか。
鳩山政権の諸政策が国益を毀損し、日本(にっぽん)の力を殺ぎ続け、日本(にっぽん)の衰退を決定づけつつあると、自覚しているだろうか。
おそらく、その自覚はつゆほどもないのであろう。
だからこそ、テレビジョンカメラの前に立つ総理大臣の大きな双眸には、いささかの含羞も憂いも宿っていないのである。
本来、当欄は、総理大臣の政策について論ずる欄である。
だが、今回、わが国宰相に政策以前の人間的資質について質さなければならないことを、一人の日本(にっぽん)人として口惜しく思う。
政権発足から約3カ月、徐々に明らかになったことのひとつが、総理大臣にまつわる金銭事情のいかがわしさである。
初めは、亡くなっている人の名前を騙った個人献金の偽装疑惑だった。
当初、資金は総理大臣自身のものとされた。
が、次から次に暴かれた事実によって、偽装献金の原資はおよそすべて母親の資金だったと判明した。
資金提供は少なくとも6年間続き、現時点で判明している累計額は9億円だという。
同額が総理大臣の弟の邦夫氏にも渡っていたが、これらは2人の子供への貸し付けだと、説明されたという。
気の毒に。
高齢の母上にこのようなことを言わせて。
邦夫氏は8日、「最大限の贈与税を払い、私の責任のつけ方としたい」「兄と違って虚偽記載はしていない」と述べた。
邦夫氏が指摘したように、総理大臣は、母親の資金の一部を偽装献金に回していた。
偽装するくらいであるから、無論、贈与税は払っていない。
明らかな脱税である。
それだけでも、総理大臣は、まともな大人としての道徳心を欠いている。
政治家に要求される道徳心もない。
一方で、総理大臣はこれまで情報開示を自らの政治姿勢としてきた。
加えて、他の政治家の政治資金問題に関して、「秘書の罪は国会議員の罪」「秘書のやったこととうそぶいて自らの責任を逃れようとしますが、とんでもない」などの表現で厳しく批判してきた。
ならば、少なくとも、自身の疑惑を秘書や高齢の母の責任にせず、自ら説明すべきである。
(につづくhttp://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091210/plc0912100305004-n1.htm

なんだ、あれが僕たちの探している青い鳥なんだ。 僕達はずいぶん遠くまで探しに行ったけど、本当はいつもここにいたんだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加