Sponsored Link


ツイッターで犬塚直史参院議員の私設秘書(38)が有権者を「SOB(ビッチの息子)」と罵倒犬塚事務所は「… 



Sponsored Link
 


ツイッターで犬塚直史参議院議員(「私は~しなければならない」と私たちが考える時はいつも、実際にそれをやる場合より、すっと多くのエネルギーを消耗しているのだ)の私設秘書(38)が有権者を「SOB(ビッチの息子)」と罵倒犬塚事務所は「ノーコメント」

ツイッターで民主党秘書が有権者を「SOB」と罵倒「かっとなって…不適切だった」と謝罪民主党の犬塚直史参議院議員(長崎選挙区)の私設秘書の男性(38)がミニブログ「ツイッター」で議論をしていた一般人を相手に「SOB(ろくでなし)」と罵倒(ばとう)する投稿をし、謝罪していたことが分かった。
男性は3年前から犬塚氏の私設秘書を務め、主に翻訳や海外との渉外を担当。
男性は5月29日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、ツイッター上で一般人と議論をしていた際に、英語で「ばかげたSOBを相手に思考力を浪費する必要はない」と投稿した。
SOBは「sonofabitch」の略。
「ろくでなし」などを意味する俗語で、相手をののしるときに使われる。
これに対し、他のツイッター利用者らが「民をSOB呼ばわりとは」などと批判。
男性は翌30日、一連の投稿をまとめたサイト上で「大人げなく、また公的立場上不適切なことであったと反省しております」などと謝罪した。
産経新聞の取材に対し、男性は「(議論相手に)言を尽くしたが、絡んでくるのでかっとなってしまった。
有権者に対して許されるものではない」と反省の意を示した。
犬塚氏の事務所は「事実関係を把握していないため、ノーコメント」としている。
(.6.1122:29)

貴方が今、夢中になっているものを大切にしなさい。それは貴方が真に求めているものだから



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加