Sponsored Link


共和党有力議員、「イラク戦争は間違いだった」共和党有力議員、「イラク戦争は間違いだった」ワシント… 



Sponsored Link
 


共和党有力議員(生きる理由はないが、また、死ぬ理由もない。 人生への軽蔑を示すべく、我々に残された唯一の方法は、それを受け入れることである。 人生は、苦労して捨てるほどの価値もない)、「イラク戦争は間違いだった」

共和党有力議員、「イラク戦争は間違いだった」ワシントン(CNN)米共和党の有力者で今月初めまで下院情報特別委員会の副委員長だったビーライター下院議員(ネブラスカ州選出)が支持者あての手紙で、イラク戦争は「間違いだった」と表明していたことが18日、明らかになった。
4ページにわたる書簡でビーライター議員は地元支持者らに対し、「(イラク戦争前の)情報収集が極めて不十分で、その不完全な情報から導かれた結論も誤っていたことが今、明るみに出ている状態を鑑みるに、あのときに軍事行動を開始したのは間違いだった。
特に、幅広く積極的な国際的同盟関係を形成しないままに開始したのは、間違いだった」とイラク開戦を批判。
さらに「人命の損失はすでに甚大で、短期的・長期的な経済的打撃はとてつもないものだ」と指摘した。
情報特別委員会でブッシュ政府が開戦の根拠として提示してきた情報を、精査する立場にあったビーライター議員は書簡でとりわけ、イラクが大量破壊兵器を保有しているかのように提示された、開戦前の機密情報を強く批判。
議員は戦争前の2002年10月に、イラクへの軍事行動を開始する権限を大統領に認める下院決議案に賛成しているが、これについても、当時議員たちに与えられていた情報にもとづいて、イラクに大量破壊兵器があると信じて、投票したと説明した。
下院議員として13期26年を務めたビーライター氏は、9月に政界を引退し、アジア財団の会長に就任する。
(以下略)-CNN

人間は精神が拡がるときと、とじこもるときが必ずある。強烈にとじこもりがちな人ほど、逆に大きくひろがるときがくる



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加