Sponsored Link


自民県連足並みの乱れ橋本知事の集会に自民党県連副会長、赤城議員、常陸太田、結城、行方、小美玉、石… 



Sponsored Link
 


自民県連足並みの乱れ橋本知事の集会に自由民主党県連副会長、赤城議員(人の天性は良草を生ずるか、雑草を生ずるか、そのいずれかである。だから、折をみて良草に水をやり、雑草を除かねばならない)、常陸太田、結城、行方、小美玉、石岡市長が参加

副会長が「橋本氏支持」自民県連足並みの乱れ表面化橋本昌知事(63)を囲む親類の会合が27日、水戸市内で開かれ、自由民主党県連副会長の関宗長県議が「(9月13日投開票予定の知事選では)みなさんと結束を固めていきたい」と述べ、知事支持を明言した。
県連は元国土交通次官の小幡政人氏(64)を推しており、執行部内での足並みの乱れが表面化した格好だ。
会合には、橋本知事の親類で作る「まさる会」の約530人が集まり、さながら知事出馬に向けた「決起大会」の様相を呈した。
まさる会の橋本昭吉会長が「会員としては今までの実績を踏まえ出馬を要請したい」と口火を切ると、関県議が「茨城は今後も橋本知事のもとで確実に発展できる」と後押しした。
島田穣一・小美玉市長も「橋本知事は(県連の)いじめにめげずに頑張っている。
来年3月の茨城空港開港のテープカットがともにできるよう頑張る」と支援を表明した。
橋本知事は出馬について明言こそしなかったが、「皆さんの意向を真剣に考え、方向を決めたい。
(出馬する)状況になったら、応援をお願いします」と意欲を示した。
近く正式表明する意向だ。
会の締めくくりには、橋本知事の5選出馬に向けた「頑張ろうコール」が行われ、知事も壇上で握り拳を突き上げた。
関県議は現在13期目で、山口武平県連会長(14期)に次ぐベテラン。
会合後、記者団に対し「党よりも、地元の意向を尊重して知事を応援する」と話した。
県連幹部は「自由民主党が推薦する候補を推さず、橋本知事を推すのは反党行為だ」と憤っていた。
会合には、赤城徳彦衆議院議員、大久保太一・常陸太田市長、小西栄造・結城市長、坂本俊彦・行方市長、横田凱夫・石岡市長、村上達也・東海村長らも出席した。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ibaraki/news/20090627-OYT8T01113.htm

恋はハシカのようなもので、感染するのが遅いほど重くなる



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加