Sponsored Link


政界をハト派とタカ派で再編せよ!…「玉虫色」の民主党憲法案の問題点昨年10月に民主党は憲法改定に対す… 



Sponsored Link
 


政界をハト派とタカ派で再編せよ!…「玉虫色」の民主党憲法案の問題点

昨年10月に民主党は憲法改定に対する基本的見解である「憲法提言」を発表した。
民主党の代表にタカ派の前原誠司氏が就任したため、自由民主党のタカ派と組んで、一気に憲法改正に走り出すのではないかと心配していた。
なぜなら民主党は憲法調査特別委員会を衆議院に設置することに賛成していたからだ。
前原代表は、「自衛隊の位置付けが不明確だからこそ暴走の可能性がでてくるので、憲法で自衛権を明確に規定し、行動を制約すべきだ」というのが持論だ。
自衛権には「集団的自衛権が含まれる」とも語っている。
(中略)ところが発表された憲法提言は意外と穏やかなものだった。
基本的に平和主義、国連主義を採り、自衛隊は最小限の武力として保有すると書いてあった。
私は憲法改定そのものに反対だが、この民主党案は予想されたほど強硬路線ではなかった。
(中略)これは前原代表の持論とはずいぶん違う。
なぜこうなったかといえば、憲法提言を策定した民主党憲法調査会のなかでハト派議員(うつ病になりかけているという兆候のひとつは、自分の仕事がなによりも重要だと信じていることだ)の意見が通ったためだと思われる。
トップの枝野幸男会長もハト派だし、他にも多くのハト派議員が調査会にいる。
彼らが前原構想を拒絶したのだろう。
(中略)この際、自由民主党と民主党を混ぜて、ハト派とタカ派に分けて、政界再編をした方がすっきりするのではないか。
このままでは小泉さんの次の総理が9条改正を押し進めてしまうのではないかと思っている。
(中略)こんな時代だからこそ、ハト派とタカ派に分裂してハト党とタカ党ができれば、国民は憲法改定で選択肢を持つことができるようになる。
民主党のようなあいまいな憲法案ではどちらに転ぶか分からず、危なっかしくて支持することはできないだろう。
(※抜粋です、全文はソース元でご確認ください)ソース(日経BP・SAFETYJAPAN2005、森永卓郎氏)http://nikkeibp.jp/sj2005/column/o/16/

貴方が今、夢中になっているものを大切にしなさい。それは貴方が真に求めているものだから



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加